<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
|Admin|RSS1.0|Atom0.3

categories
selected entries
archives
recent comment
blog list
<< 一人だけ元気 | main | 踏んだり蹴ったり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
予期せぬ出来事
数年前から一緒に仕事をやっていた私の相棒 Nさん。
先週の始めくらいから風邪を引いたと言っていた。
無理して仕事に入ってくれていたけれど
週の終わりの仕事は、「さすがにちょっと厳しい」とお休み。
今日の朝、
「家でぶっ倒れて救急車で運ばれました。
今、入院中」

えええええええええええええ!!!!

メールができるなら、物凄く深刻な状態ではないのかな?
でも、どうなの?
ああああああ めっちゃ心配!

メール着信の直ぐ後に、「今なら電話に出るかも」と思い
電話をかけてみたけれど、数回の呼出し音の後の留守番応答。
そりゃそうよね。
病院だし。

悶々としていたら、私の携帯に着信が。
画面には、Nさんの名前。

出るなりなんなり、
「大丈夫!!?? 一体どうしたの!? 今どうなってるの?」

って自分で相手に聞いておきながら

「あああ いい いい!喋んないで。 とにかく今から行くから病院教えて!」
「いいよ。来なくて。大したことないし。大丈夫だから。」
「いやいや、今行くから!」

ばたばたと用事の段取りをつけて、Nさんのいる病院へ車を走らせました。

そぉ〜っと病室に入ると
「あ〜〜 やっぱり来たね(笑)」
って笑うNさん。
引いていた風邪が長引いて悪化してしまったのと、
なんと言っても疲労が溜まっていたとか。

病室で横になっているNさんは、やっぱりどこか疲れているようで
もちろん普段の元気な面影が随分と無いようでした。


一人で始めたこの仕事。
徐々に仕事の量が増えて、一人では回しきれなくなって、
Nさんとコンビを組ませてもらった。
もちろん、私一人でやる仕事も多いけれど、
ここまでやってこれたのもNさんが居たから。

別の人とのコンビなんて考えられない。

元々気が合って、考え方や思想も似ていて
仕事の呼吸もぴったりで
周りからは「名コンビだね」なんて言われてた。



『この人宇宙人だから』
『あ〜 私はついていけないわぁ〜』

って人前に出ると、からかい半分にいつも私に言っていた。

『アンタ、そんな仕事の仕方してたらいつか倒れるよ』

って、私の心配ばかりしてた。


無理をさせ過ぎちゃったのかもしれない。
私のペースに、巻き込み過ぎてしまったかもしれない。


「ごめんね。」

そう一言言うだけで、涙が出そうになった。

身体がしんどくて辛いのはNさんの方なのに。

Nさん気配りの人だから、そこで私が泣いたら
自分を責めるであろう私の心情を察してしまう。

気持ち落ち着けて

「仕事、しんどいよね。 体が一番大事なんだから少しゆっくりしないとね。」

そう言うだけで、次の言葉を探す。
中々言えない。
でも言わなくちゃ。
これ以上、無理はさせられない。

「仕事、辞めたほうがいいかもしれないね。」

これを言うのは、私の役目。

考えて結論を出すのはNさん自身。


病室で二人でプリンを食べながら、たわいも無い話と、ちょっと深刻な話。


帰り際にNさんが私を気遣う。
「アナタが倒れたりしなさんな。」

「オッケー。 私は大丈夫よ。」
そう言って、病室を出た。


お願い。お願いします。
とにかく元気になって。

私の事は、心配ない。
また一人で頑張ればいいだけ。

ちゃんと腹をくくっとくから。
| 日々の出来事 | 03:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:41 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sakuraxxhaku.jugem.cc/trackback/553
トラックバック